借金返済で弁護士に相談
成人指定の内容を含んでいますので、
18歳未満の閲覧者の方は、恐れ入りますが退出してください。



鵜 里 基 秀


<縄による日本の緊縛>

その歴史的意義 15%の可能



縄文時代の遺跡から出土した土器は、
あたかも女性の身体をかたどったように、優美な曲線のあらわされたものであった。
それは、生まれたままの全裸にある女性を髣髴とさせずにはおかないものであった。
婦人の裸体は神の聖業である、と言ったのは、イギリスの詩人、ウィリアム・ブレイクであるが、
女性の全裸の優美は、国や民族を問わない、人間が知覚できる至宝のひとつである。
その土器の表面には、渦巻状の絵柄が意匠されていた、
これは、いったい、何を意味するものなのだろう。
<縄文>とは、土器の表面に縄を押しつけたり、回転させたりして、施された文様である。
渦巻状の文様は、自然界におかれた人間生活の流動と転変にあって、
繁栄と豊穣への祈願が示されていると想像することができる。
<縄>は、自然に生育する植物の繊維を束ね撚り合わせて作り出した、人間の<道具>である、
その<道具>の柔軟で強靭で多様な有用性は、神秘や美さえも現出させることにあっては、
人間を束ね撚り合わせて作り出された<社会>のありようと同様であり、
<縄文>の表象を起源として、その後の日本民族史は、
宗教・政治・軍事・農業・漁業・芸術・遊戯というあらゆる様相に示されて、
<縄>を所以とする<結びの思想>―
或るものと或るものを結びつけて、別のものを作り出す、例えれば、日本語
―として展開されていく実際としてあらわされた。
しかも、その<縄>は、現在も実在して、人間生活の有用な<道具>としてある。
使用できる<道具>として、<縄>は、人類史上、最も起源の古いもののひとつである、
少なくとも、日本民族にあっては、縄文文化が固有のありようを示していることがあるとすれば、
<縄>を所以とする<結びの思想>が明確に存在したことにある。
<縄>を所以とする<結びの思想>が日本民族史を貫いていることであり、
それは、日本民族の因習を受け継ぐ、現在の我々にも、明確にあるということである。
現在の我々は、強いて、或る思想を取り込む必要もなく、
ましてや、他の民族の思想を模倣・追従・隷属する必要もなく、生まれたままの全裸に晒されても、
或るものと或るものを結びつけて、別のものを作り出す、
<縄>を所以とする<結びの思想>の継承者にあるということである。
縄文時代へ遡る時間が一万六千五百年とされるならば、
それだけの歴史時間を抱く思想を思考の根拠にしてあるということである。
この単純な事実。
この単純な事実がおざなりにされていることだとしたら、
ひとつは、先進的とされている他の民族の思想へ眼を奪われるばかりになっているか、
或いは、<縄>を所以とする<結びの思想>など、太古の遺物であると見なされていることにある。
いずれにあっても、日本民族として自然にあることの自己同一性からすれば、
矛盾した状態にあることは避けられないことであり、
その矛盾した状態を軋轢や苦悩として引き摺り続けていくことがあるとすれば、
まともなありようとは言えないことである。
みずからのなかにある、或るものと或るものを結びつけて、別のものを作り出す、
<縄>を所以とする<結びの思想>、
みずから、それに目覚めなければ、その力もまた充分に発揮されないことである。
民族の因習として、一万六千五百年にわたって継承されてきたものであれば、
DNAに刻まれ、日本民族の血肉となっていることであれば、
人間存在の考察として、当然、<心理と性>から見直されなければならないことである。
<心理と性>、これは、切り離しては考えられないものであることは、
人間の性的官能は、四六時中、活動しているものであれば、
それが心理に関係している事実を抜きにしてはあり得ないということであり、本来、
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚という五感に加えて、第六感に位置付けて然るべきものであるが、
すでに、物事の本質を直観的に感じとる心の働きを第六感としていることであれば、
第七感とされるべき、重要な働きを示す、なくてはならない官能としてある。
そして、他の民族思想から生まれた<心理と性>の考え方に倣って行うことではなく、
みずからの民族の方法として、あらわされなければならないことが必須である。
日本民族としての自己同一性を明らかとすることに、
他の民族の思想は、大いに啓発を受けることではあっても、
その民族がみずからの自己同一性を明らかとさせるために作り出した思想である以上、
それに従うことは、その思想の民族性・宗教性までも引き受けることになるからである。
みずからの民族の問題に対しては、みずからの民族の方法が作り出されることが必然である。
縄文時代の遺跡から出土した土器も、
考察の方法をみずからのものとすれば、このようになることである。
それは、あたかも女性の身体をかたどったように、優美な曲線のあらわされたものであった。
生まれたままの全裸にある女性を髣髴とさせずにはおかないものであった。
その土器の表面に意匠された渦巻状の絵柄。
土器が全裸にある女性の身体をあらわし、その表面に縄が描かれていることだとしたら、
女性は縄によって縛られたことが表現されている、
という想像が生まれたとしても、不思議のないことである。



現在ある<縄による日本の緊縛>は、縄文時代に起源が求められると考えられる、
それは、表沙汰にする行為としては差障りのあることであったから、
歴史の闇のなかを脈々と受け継がれ、
表現の自由のある現代において、初めて露呈したものになったということである。
室町時代後期に発祥し、江戸時代に隆盛を見たという捕縄術、
人体を拘束する行為に宗教的意義を絡めて技法とすることのできた背景には、
すでに、女性は縄によって縛られた、という長くて古い因習が存在したからではないのだろうか。
文献や美術表現等の立証がなければ、想像の域を出ない見方に過ぎないことである。
だが、<或るものと或るものを結びつけて、別のものを作り出す>という見方からすれば、
一万六千五百年以来、縄文時代の土器は、折々に発見されてきたことであるが、
<縄による日本の緊縛>という表現が現代に露呈するまでは、
両者を結び付ける想像に及ばなかったという実際は、着目すべき事象である。
<縄による日本の緊縛>、
その歴史的意義は、それが現代において露呈されたものとしてあるという事実である、
その考察によって再評価される事柄により、
日本民族の自己同一性が明らかとされることにある。

(2009年8月9日 脱稿)

最新の研究では、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのグループに依れば、
縄文人と現代の本土日本人の遺伝情報を比較したところ、
縄文人から現代の本土日本人に伝わったと考えられる、遺伝情報の割合は、およそ15%である。
 総合研究大学院大学 プレスリリース 2016年9月1日)

2017年6月15日 テロ等準備罪(共謀罪) 法律成立
日本国家における表現の自由の萎縮が始まる日
監視・盗聴・おとり捜査・密告が常道となり、
勃起するものが素直に勃起することができない、
濡れるものが素直に濡れることができない、
という状況が日常となる囲繞の檻が作り出される事態。


                    1. 考察の根本的立場
                    2. 縄による緊縛の絵画 須磨利之 伊藤晴雨   本文
                    3. 因習の絵画表現
                            日本の象徴的作品
                            西洋の象徴的作品 
                            信心・しきたり・折檻の作品
                    4. 因習の絵画表現 再び
                          
  終わりにして始まりのとき
                    5. <縄による緊縛>・ひとつの答え・ひとつの終わり
                            須磨利之の<猥褻で恥辱のある表現>
                    6. <縄による結び>の事始
                            <古い縛り>の写真
                            小妻容子の<姦の紋章>
                    7. <縛り>のノスタルジアが誘う未来へ
                    8. 日本民族の縄による緊縛の美学
                    9. 縄による日本の着物緊縛
                            着物緊縛画像
                   10. <被虐美>という猥褻で恥辱のある表現
                   11. <縄>の実在論 ひねる・ねじる・よじる
                   12. <縄による緊縛>という<結びの思想>
                     13. 四十八手

                       (1) <理非知らず>
                         (2) 『奥州安達ケ原ひとつ家の図』の<象徴>
                         (3) 縄による緊縛における<言文一致>
                         (4) 全裸を後ろ手に縛られた母の像
                       (5) <初期の段階 ― 和製SMの終焉 ―>
                       (6) 縄師・水晶の表現 <廃屋の着物緊縛美>
                       (7) <異化・変化・昇華>
                       (8) 一万三千五百年の縄の執着
                       (9) 綯われる一筋の縄
                      (10) 通過点 ― 縄の被虐に晒される処女 ―
                               緊縛画像

                      (11) 総合性の絵画表現 或いは <脱構築>する絵画
                      (12) 拉致される想像 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                               緊縛画像

                      (13) 願望の緊縛絵画 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (14) 全裸で緊縛された沈思黙考 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (15) 廃屋の一軒家の情事 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (16) 麻縄で緊縛された供物 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (17) 縄による緊縛の意義 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (18) 道徳の処罰 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (19) <囲繞の檻>の中で ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (20) <M&E>の緊縛性愛行為 ― 縄の縛めに結ばれ合う母と娘 ―
                      (21) <緊縛美の夫人>の誕生
                      (22) 日本国家が進行させる<三重層の密閉の構造>
                      (23) <性奴>となる家畜化
                       (24) 静子夫人 ― 表象としての<隷属・受容・翻案体質>
                      (25) 静子夫人の<教導>
                      (26) <二元性・単一動機・執拗な反復>という物語の結構
                      (27) <田代屋敷>という国家
                      (28) <愛縛の聖母>
                       (29) 折原珠江夫人の示唆
                      (30) <何か一つの幻影>



                   縄による緊縛の絵画表現者

                   縄による緊縛写真

                   縄による緊縛小説  『悩ましい夢』
                   展開の緊縛物語  『花の変異 ― 雅子外伝 ―』
                   縄による緊縛の未来のお話  『女猿と男猿の未来』
                   縄による御伽噺  『民族の根源の記憶』

                   スズキ レイジ <ROPE MAGiC> 緊縛写真の可能性



                      

                          上昇と下降の館

            < 結 び の 思 想 > に 従 っ た 新 し い 文 学 の 展 開
             
日本民族は、近代的自我を超克して、次なる段階へ

屋   上

   美の戴冠 ………  <脳の劇場へ入る扉>

第3の階層

組み立てられた迷宮

   第11章 入口は出口となり、出口は入口となる
   第10章 『縄掛けが奏でる琴の調べ』 権田孫兵衛
    第9章 通過儀礼
    第8章 <女性の縄>と<男性の縄>
    第7章 超克される<近代的自我>
    第6章 脳にはびこるインポテンツの妄想
    第5章 『小夜子の赤裸々な自縛手記』
    第4章 <縄の導き>に従って
    第3章 連作絵画 『縛めの変容譚』
    第2章 『終焉なき悪夢』の原物  参考画像
    第1章 戦争で片足を失ったじいさんが営む古本屋の話
    序 章 愛ゆえに、終わりにして始まりのとき……

<財団法人 大日本性心理研究会>の謎


   終章
   『S&M』 第7章 S&M
   『S&M』 第6章 S
   『S&M』 第5章 M
   『S&M』 第4章 S
   『S&M』 第3章 M
   『S&M』 第2章 S  「マゾ奴隷 まゆみ」
   『S&M』 第1章 M
   序章

S&M

   辺鄙な山奥の旅館
   ふたりの取調べ
   かくも悩ましい夢
   庭園の片隅にある土蔵
   美しいふたり連れ

悩ましい夢

   女の絵姿
   女の愛欲
   女の業
   女の饗宴
   女の啼泣
   女の股縄
   女の木馬
   女の芳香
   女の脱衣

小夜子の物語

 九つの回廊*牝鹿のたわむれ

   永遠の黄昏
   救済の乙女エヴァ
   女猿と男猿の未来

 秘密の小部屋の事柄

   追加情報 現実と似非現実  絵美子のALBUM
   生まれたままの全裸の講義

 麻生絵美子の講義

   舞台劇 ひとつ家の惨劇

 ひとつ家の惨劇

   物語 平成墨東奇談
   パンフレット 環に結ばれた縄

 映像の女性の手引き

   アリアドネー
   緊縛は教育である  はりつけにされたヴィーナス  西洋版
   緊縛のリアリティ
   エロスのエネルギー
   遠山静子夫人の筋立て
   緊縛の技法 
   縄と全裸の女体
   ショスタコーヴィチの交響曲第四番
   上昇と下降の館への案内状
   環に結ぶ縄

結びの緒言


   環に結ばれる縄
   荒唐無稽な大団円
   非生産性の性の結合
   愛し合うふたりの絶頂
   伝統ある拷問道具  注解 三角木馬
   ふたりは愛に目覚めて
   初夜の床の寝物語
   平凡な家政婦
   美しい家畜妻
   美青年の懊悩
   まえがき

半音階的幻想曲 CHROMATISCHE FANTASIE

   美しい人形
   生まれ代わり
   妻として、母として、女として
   浮世草子の作者との対話
   悦楽の光
   はりつけの晒しもの
   土蔵のなかで
   安藤教官の調教
   気がかりな夢から目を覚ますと
   美しき中村秘書
   採用面接の書状
   縄で縛られて待つ女

女につくられ、女をあらわされ、女になる

   愛のゆくえ
   秘密の場所
   嫉妬させられるくらいに可愛い子
   洞窟の男と女
   愛奴というもの
   般若の思想
   思想犯罪人の妻
   母への思慕
   叔父の愛情
   縛めの変容譚
   女の絵姿
   終焉なき悪夢
   序文

緊縛の因縁

玄   関

   アリスティド・マイヨールの<とらわれのアクション>
   表現の可能
   ポルノグラフィ 或いは 荒唐無稽の存在理由


因習の絵画表現

   通夜
   葬式
   供養
   墓地
   煩悩
   業(カルマ)
   説法
   祈祷
   修行
   供物
   精霊流し

 わが日本民族における<民族の予定調和>の告知

縛って繋ぐ力による色の道

   タイトル・ページ
   起の章

保 管 庫

 淫靡な責め道具の妖美な奇想



集団的自衛権に関する改憲に反対する

2014年7月1日、安倍首相が閣議決定によって、集団的自衛権に関する憲法解釈の変更を宣言した。
これによって、現行の第九条に基づく平和憲法が改憲されるに至ることは、
日本国家は、みずからの意思で武力行使を行うことを正当化させる根拠が作り出されることになる、
どのような意義が示されようとも、戦争行為をみずからの意思で行うことを可能とさせることにある。
日本民族の自立の意思を問題としてきた立場からは、武力行使で自立が生まれることがあり得ないことは、
大東亜戦争・太平洋戦争の対外戦争の前例を見れば、
日本民族における者であれば、歴然とした事実としてあることからである、
「脳にはびこるインポテンツの妄想」>に表現した通りである。
私は、集団的自衛権に関する改憲に反対する、
その表明をここに掲げるのは、事態の深刻さを閲覧者の方々に知ってもらいたいという思いにあって、
関連法案の成立に反対する世論の一人にありたいと希望することに依るものである。
安倍晋三首相が<戦後レジームからの脱却>を標榜していることを知ったとき、
<日本民族の自立の意思>が示されることであれば、素晴らしいことだと受けとめた。
しかしながら、国会での充分な審議もなく、強引な採決に依って、
2013年12月13日に公布された、<特定秘密保護法>に続いて、
今回の<集団的自衛権>にも、再び、同様の強引な独善性があらわされたということでしかなかった。
<集団的自衛権>と<特定秘密保護法>という表裏一体は、
国家が国民への情報開示を斥けて、独善的に戦争行為を正当化するための方策にある、
それが一首相の独善性によって推進されていくことにあるとしたら、独裁国家の様相を呈するものである。
<戦後レジームからの脱却>とは、<米国からの自立>では当然になく、
従来の<米国への依存>というありようを脱却して、
<米国への隷属>を日本国家の存在理由とする奴隷根性を明白にさせたという意義が示されることにある。
<戦後>とは、<尊皇攘夷>に依って対外戦争に勝利することのできなかった、日本国家は、
<日本民族の自立の意思>を放棄して、米国の要求や使役や被虐に晒されても、
経済的満足に喜びを覚えるだけのマゾヒストの道を最終としたことにあると言えることにある。
いずれ、二つの法が実施されることは、
日本民族の自立の意思を問題とする、こうした猥褻表現などは、ポルノ規制の対象として、
取締りが行われることの可能にあるということでしかない、未来である。
人間存在には、<感情>に依る<自然観照の情緒的表現>、及び、
それと相対する、<観念>に依る<自然観照の合理的表現>という知覚作用があり、
いずれが主潮となってあらわれることにあるかという問題がある。
今日の<日本的>と称するありようは、
<自然観照の情緒的表現>の主潮にあると見なすことができることは、本居宣長の提唱した、
<もののあはれ>という認識に当てはまるありようにおいて示されていることにある。
<もののあはれ>とは、森羅万象を相手にして存在する人間は、
どのような知覚をもって、それを知ることにあるかを解き明かした表現にあって、
<もの>という客観的対象を<あはれ>という主観的感動で捉えて認識し、
調和のとれた優美繊細な情趣をあらわす、芸術意識にあることが示されたことにある、
それは、<知覚作用である>と述べられていることにあるのは、
森羅万象に対して、その自然という本質を見極めるには、
事に触れて起こる様々の微妙な感情を率直にあらわすことをする、というその意義は、
喜怒哀楽といった、感情の変化に対してだけではなく、それを徹底して、
<日常性の知覚>において行われるすべてを<もののあはれ>という認識としたことにある、
美しいは、<もののあはれ>にあるから、そこはかとなく美しく、
良いは、<もののあはれ>にあるから、しみじみと良い、
それは、<日常性の知覚>にあると認識されることにおいて、
日本民族に<固有の知覚>としてあることを示すものとなり、
日本民族は、異民族に模倣・追従・隷属することなく、<自主・独立・固有の知覚>をもって、
森羅万象を認識し得るとされることにあった、
<自主・独立・固有の知覚>を持つ、日本民族という自負であり、矜持であり、
尊厳の示されることにあったのである。
従って、日本民族は<自主・独立・固有>にある、という意識が破壊される事態が生じることは、
自負・矜持・尊厳もまた打ち砕かれるということになる。
大東亜戦争・太平洋戦争は、そのような事態になることを招いた戦争にあった、
国土を焼夷弾の絨毯爆撃によって焦土と化され、核兵器という原子爆弾を二発も落とされ、
無条件降伏という惨憺たる敗戦によって、敵国の占領下に統治される、
隷属のありようが示されたことであった。
この事態に置かれたことには、原因はひとつのふたつの事実が存在することに留意する必要がある。
ひとつは、結果が敗戦に導かれたことにあるのであるから、
軍部である、大日本帝国陸海軍に対して、どのような見方が可能なことにあるとしても、
軍部の主要な構成員は、日本民族における者にある以上、
<もののあはれ>という<感情>に依る<自然観照の情緒的表現>を主潮としているありようにあって、
状況判断・戦略・戦術という軍事行動は、そのありようから行われたという事実である、
言い方を換えれば、<日本的>では、勝利に終わる戦争とすることができなかったことにある。
もうひとつは、戦後、アメリカ合衆国を主体とした、連合国軍の占領下における国家再建にあって、
日本民族は<自主・独立・固有>にある、という意識を打ち砕かれたことにあったとしても、
自負・矜持・尊厳が失われたことにあったとしても、
国民の主要な構成員は、日本民族における者にある以上、
<もののあはれ>という<感情>に依る<自然観照の情緒的表現>を主潮としているありようは、
それが知覚作用にあるということから、変わらないままにあるという事実である、
言い方を換えれば、今日、<日本的>と称されることの<自然体>にあるということである。
そして、この<自然体>にあることを<自然体>にあることだと認識している限りは、
自負・矜持・尊厳をもって、
日本民族は<自主・独立・固有>にある、という意識を抱けないでいることは変わらない、
脱却も超克も脱構築もできないままにある、現状を持続させていく以外にあり得ないことにある。
何故ならば、敗戦に終わった戦争の原因は、
<もののあはれ>という<感情>に依る<自然観照の情緒的表現>を主潮としていたことにある以上、
そのありようを脱却・超克・脱構築することがない限り、
ただ、同じことが繰り返されるということでしかないからである。
従って、<戦後レジームからの脱却>ということが軍備拡張や国家権力の行使増大に依る、
<戦前レジームへの復古>をあらわすような政治的方策が示されることは、
<日本的>と称されることの<自然体>にあることの限界が露呈されていることでしかない、
即ち、戦争のできる国家になったところで、同様の<敗戦>の結果を生むことにしかならない。
日本民族が自負・矜持・尊厳をもって、<自主・独立・固有>にあるという意識を抱くためには、
世界にある、異民族と同様な立場に立つことに懸命になることではなく、
異民族が解決できない問題を日本民族が脱却・超克・脱構築するということにある、
戦争は二度と行わないという平和憲法を持っている唯一の国家にあるならば、
<個別的自衛権>と称されるものがあれば充分であり、自衛隊が軍隊に成り代わる必要はない、
平和を維持する方法を創り出す、唯一の国家であることの存在理由を強力に示すことにある、
そのためには、言語による概念的思考を行う、人間存在としては、
知覚作用の変革を成し得る、文学作品の多種・多様・多義が強烈に展開されていくことを、
日本文学の存在理由とすることにある、今日の日本文学において、
<近代文学の終わり><小説の終焉>といった見解が提唱されるに至っている事実は、
<もののあはれ>という<感情>に依る<自然観照の情緒的表現>を主潮とするありようでは、
もはや、限界があることを露呈していることにあるからである。

(2014年8月17日 脱稿)


ご案内しますWEBサイト、絵画、写真、文章等の表示につきまして、
可能な限り、対象方の確認を取って行っておりますが、
万一、不備、不都合、不適切、誤り等がございましたら、お申し出ください。

宜しくお願い致します。



Since 2007.3.11
Copyright (C) 2001−2017 Motohide Usato